2019.9.1 再び保存蒸機について

2019.09.01 Sunday

0

    JUGEMテーマ:鉄道

    この話題を取り上げるのも5回目くらいだと思いますが、地元の市営公園で保存されている

    D51が荒廃し、管理する市側が解体・撤去を決定した件についてです。

    このSLのことが今年6月のテレビ番組で放送されたことで、事情を知った有志が集まって

    「SL保存会」を立ち上げ、解体の中止とSLの復元・保存を市に求めていく、という流れ

    になっています。

    この件で昨日たまたまある動画を見つけました。

    動画は30分弱の長さで、ほぼ全編、You Tuberと思われる人物が語る画面です。

    この方はいろいろ鉄道関係の動画を上げているようです。

    昨日この動画を最初から最後まで拝見しました。この人物は、このSLについてはあく

    まで第三者として、保存会側にも市側にも与さないという中立の姿勢を取る、と言われ

    ています。動画の中にも出てきますが、市側が専門業者に見積もってもらった復元見積

    もりが高いのではないか、保存会側が専門家に見積もってもらったところかなり安かった、

    という話を客観的に伝えています。さらに事実関係は不明だが、と前置きした上で、市側

    で見積もったJR東日本系列企業の話なども出ています。その話の真偽は現状ではなんと

    も言えません。

    自分は、他の業者に相見積もりを取らせて金額がどうか検討しても良かったとは思い

    ます。自治体は談合の疑念を回避するために基本は相見積もりを取るはずですが、どう

    して1社だけだったのかは疑問です。

    例えば地元の西武鉄道にも見積もりを出してもらう方法もあります。西武鉄道は自社の

    このような荒廃した車両を復元した実績がありますので、見積もりは出せると思います。

    あるいは、これは推測ですが、保存会側が見積りを依頼したのが西武鉄道かもしれませ

    んが、それは自分にはわかりません。

    もう一つ、震度6クラスの地震で機関車が倒壊するという件について、保存会では実地

    調査して、市側が指摘した枕木の劣化についての反証をしているとこの動画では言われて

    いますが、自分は枕木云々よりもむしろ機関車自体が今後地震、あるいは老朽化で崩壊

    するのではないかと思います。その方が心配です。当然アスベストの問題もあります。

    また現状での市民の機関車に対する関心の問題もあります。たまたま今回、5年前に

    この機関車をご覧になっていたという方のブログを見つけました。

    http://b767-281.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/d51-684-5bfc.html

    これを拝見すると、4年前にすでに今のような状態だったことがわかります。また

    さらにさかのぼった時点でも同じく荒廃していたという記述もあります。

    また公園を利用する市民の関心の低さも記述されています。ここは市民が野球やテ

    ニスなどを行うために使う公園で、行けばSLが見えるはずです。それでもこのSL

    の状態を見て市民の多数はあまり感じていないようです。中には市に対して意見を述

    べた方もいらっしゃったかもしれませんが、少数意見で市としてはこれまで重い腰を

    上げてこなかったのでしょう。

    自分を含めて市民があまりに無関心だったために、この機関車はここまで荒れてしま

    ったのだと思います。私たち市民の責任もあると思います。

    40数年前、この機関車が来た時は結構見学者もあったと思います。自分も子供の頃、

    わざわざ見に行きました。また当時は国鉄OBやボランティアによる清掃も定期的に

    行われていた記憶があります。毎月発行される市のお知らせに「今度のD51清掃作業

    は〇月〇日に行われます」といった記事が出ていて、清掃ボランティアを募集していた

    記憶があります。

    しかし年月が経ち、皆が機関車のことを忘れ、子供たちの関心も薄れ、手入れされない

    機関車はここまで荒れてしまったのだと思います。

    上記の動画の方は、保存会の代表と挨拶程度だそうですが、お会いしたそうです。そこ

    で代表から保存会が今年6月に設立されたばかりということはうかがわなかったみたい

    です。度々述べていますが、保存会のメンバーもこれまで機関車のことを忘れて放置し

    ていたのですから、今更残してほしいというのには疑問を感じます。普段から見ていれ

    ばここまで酷くなる前に市に働きかけるとかできたはずなのに、それを保存会は行って

    いませんでした。動画では保存会が市に話に行ったが、市が受け付けなかったという話

    も出ていますが、これがいつのことなのか、またどのような内容かはわかりません。

    いろいろ書いてきましたが、解体は決まってしまいました。自分はここまで荒廃して残

    すよりは解体してしまうほうが安全面も、またこの機関車にとってもやむを得ないが仕

    方がない、と考えます。

     

    追記

    上の記事を書いたあと、少しネットで検索してみたところ、これまでの機関車について

    の市側の対応についてまとめられたサイトがありました。

    http://w.atwiki.jp/d51451preservation/pages/34.html

    やはり機関車について、これまでに市民から度々質問があったようで、市がどのような

    対応を検討していたか、また市議会でも取り上げられていたことがわかりました。

    今回の前にも、市がいずれかの業者に整備の見積もりを依頼していたこともわかりました。

    興味深いのは、過去の市側の発言で、今後の機関車の取り扱いについて数例挙げています

    が、その一つに「現状復帰してJRに返却する」というものがありました。以前から市

    にはSLを綺麗にしてJRに返す、というプランがあったようです。上記の動画の中に

    出てくる、真偽が不明の話にもつながるような事柄です。

    あるいは過去の見積りについて、市長から「オーバーホールで7千万、野ざらしにでき

    ないので屋根を付けるなどしたら1億円超かかる」という話も出ています。今回の見積

    もりも、機関車本体だけでなく、付帯施設整備代込みなのかもしれません。

    ただし金額の多少はともかく、残すのであればまず綺麗にするお金+今後維持していく

    お金も将来にわたって発生します。言い換えれば今後いくらかかるかわからないのも

    事実です。解体するのであれば基本的にそれだけで費用の発生は終わります。直接市民

    の益につながらない案件にお金をかけられないのは確かです。